Return to site

江の島の歴史と文化に触れる〜岡田嘉則の〝江の島絵巻〟展

2019.1.20(日)10:00-16:00

<絵付けワークショップも同時開催>

· event

★龍伝説が残る江ノ島の歴史と文化を「絵巻」で知る、<1日だけ>の展示会

現在、有数の観光地として人気の江ノ島。
国内のみならず、海外からの旅行客も増え、えのいち近くの洲鼻通り商店会にも、新しくおしゃれなカフェやゲストハウスがどんどん増えてきています。

「江の島バリSUNSET」や「江no・Fes」など、1年を通してワクワクするようなイベントがたくさん行われていますが、実は、江の島には「五頭龍」の伝説が残っていることをご存知でしょうか?

また、江の島をはじめ藤沢は、江戸時代の多くの浮世絵作品にその風景が残されている、実は古くからにぎわい、愛される歴史と文化をもったまちです。

★江の島を愛する画家、岡田嘉則氏の大作「江の島絵巻全四巻」を公開

こうした江の島に伝わる伝説や、文化を伝えていきたい、と描き続けているのが、画家・岡田嘉則氏。1992年に茅ヶ崎に移住後、市民ギャラリーでの個展開催など地域との関わりも深く活動を続けています。

今回のイベントでは、そんな岡田氏が江の島の歴史と文化を描いた大作、「江の島絵巻 全四巻」を一挙公開!〈1日限定〉で、お届けします。

そのほか、「江の島絵図屏風」「桐箱絵付け」「狐面」など、日本文化を題材にした作品も公開します。これを機会に、奥深い江の島の歴史や文化に触れてみてください!

お茶とお菓子、江ノ電を臨める畳のお部屋を用意して、みなさまのお越しをおまちしております。

♪江ノ電が見える畳のお部屋で、作品をみながらゆっくりおくつろぎください^^

〇●同時開催●〇絵付けワークショップ

帯留め または 桐箱 の絵付けワークショップも実施します。
世界にひとつだけの、オリジナル作品をつくってみませんか?
・参加料:3000円~(一時間程度)

※ワークショップのお申込みは、当日行っております
※ご来場の際、「ワークショップ希望」とお伝えください

<開催概要>

・日にち:2019年1月20日(日)
・オープン時間:10:00~16:00
・入場料:500円(お茶・お菓子付)

<作家プロフィール:岡田 嘉則(Okada Yoshinori)>

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly